• HOME
  • >
  • 遺言とは

遺言とは遺言とは

遺言とは残された家族の相続争いを防ぐための手段です。

  • twitter
  • facebook

遺言とは、遺言者自ら、自分の築きあげた財産の帰属先を決め、相続をめぐる争い(争う族)を回避することを目的とする、遺言者最後の意思表示です。
「遺言は何のためにあるのか?」その答えは、相続人たちの争いを最小限に抑えるためと言えます。遺言がないために、遺産を巡って相続人間で争いに発展するケースは珍しくありません。
それまでは仲の良かった者同士が遺産を奪い合う、泥沼の争いを起こすことほど、故人にとって悲しいことはありません。遺言は、このような悲劇を防止するため、遺言者が自分の残した財産どう扱うかを決めて、遺産を巡る争いを防止しようとすることに最大の目的があります。

遺言の種類

公正証書遺言

公正証書遺言

遺言者が公証人の前で遺言内容を口頭で伝え、公証人が文章にまとめ遺言にしたものです。公証人に費用を払う必要がありますので、お金がかかるという点がデメリットと言えるでしょう。
一方で、原本は公証役場で保管されますし、正本・謄本は遺言作成者に1部ずつ交付されます。また、相続発生後、遺族が公証役場に行けば「遺言検索システム」がありますので、遺言があるかどうかを調べることもできます。紛失・改ざんの恐れもないことがメリットと言えるでしょう。

自筆証書遺言

自筆証書遺言

遺言者が、自らその全文、日付・自署・押印をした遺言方法の一つです。紙とペン、そしてその遺言を入れる封筒さえ準備すればよいので、手軽に作成できる遺言ではあります。
一方で、「家庭裁判所の検認」を受ける必要がありますので遺族に手間がかかります。(※法務局における遺言保管制度を利用した場合、検認は不要になります。)また、せっかく作った遺言が遺族に発見されないなど、紛失(未発見)・改ざんの恐れもありますので注意が必要です。

PDF自筆証書遺言の書き方について

秘密証書遺言

秘密証書遺言

遺言の内容を秘密にしたまま、遺言の存在だけを証明するものです。
遺言者が作成した遺言を自分で公証役場へ持参し、証人2人と公証人の前で作成します。メリットとしては、自筆ではなく、ワープロやパソコンでも作成できる点です。
また、遺言の内容を証人にさえも知られずに済む反面、デメリットは家庭裁判所の検認が必要なことや、遺言書の保管自体は遺言者本人がやりますので、保管場所を誰にも伝えていないと、発見されない可能性があります。 また、そもそも要件を満たしていない遺言であった場合、法的な効力が認められない可能性があります。

相続とは相続とは

遺言とは残された家族の相続争いを防ぐための手段です。

  • twitter
  • facebook

相続とはある人が死亡した際、亡くなった方の財産を配偶者や子供などの親族が継ぐことです。
相続人の範囲や法定相続分については、民法で以下のとおり定められています。

相続人の範囲

相続人の範囲

死亡した人の配偶者は常に相続人となり、配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。

第1順位:死亡した人の子供
その子供が既に死亡しているときは、その子供の直系卑属(子供や孫など)が相続人となります。子供も孫もいるときは、死亡した人により近い世代である子供の方を優先します。

第2順位:死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)
父母も祖父母もいるときは、死亡した人により近い世代である父母の方を優先します。
第2順位の人は、第1順位の人がいないとき相続人になります。

第3順位:死亡した人の兄弟姉妹
その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その兄弟姉妹の子供が相続人となります。
第3順位の人は、第1順位の人も第2順位の人もいないとき相続人になります。

なお、相続放棄をした人は初めから相続人でなかったものとされます。
また、内縁関係の人は、相続人に含まれません。

法定相続分

法定相続分

(1)配偶者と子供が相続人である場合
配偶者1/2 、 子供(2人以上のときは全員で)1/2

(2)配偶者と直系尊属が相続人である場合
配偶者2/3 、 直系尊属(2人以上のときは全員で)1/3

(3)配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合
配偶者3/4 、 兄弟姉妹(2人以上のときは全員で)1/4

なお、子供、直系尊属、兄弟姉妹がそれぞれ2人以上いるときは、原則として均等に分けます。
また、民法に定める法定相続分は、相続人間で遺産分割の合意ができなかったときの遺産の取り分であり、必ずこの相続分で遺産の分割をしなければならないわけではありません。

アーレスリアルエステート

  • 広告
  • 広告
  • 広告
  • 広告

遺言や相続でのお悩みを
私達が解決します。

フリーダイヤル0120-131-554受付時間 : 平日9:00〜17:00